導入事例

東京都品川区 防災課さま

品川区では、これまで夜間休日に発生した災害時の職員への参集指示および住民の安否確認を行う手段として、メール配信用と電話連絡用の複数のシステムを運用していましたが、災害時の情報発信の迅速化・効率化・確実性向上のため、システムの統合化を図り、「 telmee もしもし」と「すぐメール」の連携クラウドサービスの採用に至りました。

本サービスの特徴
  • メールと電話を組み合わせた配信が可能であり、さらに受信者が応答操作を行うまで繰り返し配信されるため、情報を確実に伝達することが期待できる。
  • 気象庁が発表する地震情報や気象庁情報と自動連携して、配信することができる。

システム導入前と導入後のイメージ図